SU

su.jpg

山坂神社参拝

2016年は1月1日に参拝にいきました。

実は元日に山阪神社にお参りするのは初めてなのです。

これまでは、三箇日に行っていたとはいえ、2日とか3日とか。
確かに賑わってはいましたが、元日はその比ではありません。

とにかく人でごった返し、地域の人々に親しまれている神社であることを
あらためて実感しました。

ゆっくりと並んで、お参りを済ませた後は
恒例のおみくじです。



「第三十四番 吉」

春まちて 草木とともに もえ出る
心ゆかしき 初わらひかな

運勢 小より大に順を以て事を行ふべし
願事 心に油断なければ成就す
縁談 大いに吉とす取結ぶべし
待人 早速来る
失物 早く探せば出る遅くなれば出がたし
病気 一旦宜しきとも油断すべからず
逃亡 東又は遠方に走りて知れず
旅行 吉とす、遊楽に耽る時は害あり
住所 悦びあり大いに栄えて又人を増す
商業 進むべし吉
高低 俄かに人気高く不意に上る
試験 吉


最近どうも良い運勢よりも、
注意すべきことに目が行きがちです。

春を待つ心のように、穏やかでありながら、
芽吹きのための準備をしておきたいものです。


劇画家三部作 

8月9日(日)
午後4時前、阪急十三駅から栄町商店街に向かう。

なんとなく雑多なイメージのある十三という街なのだが、
ぶらりと歩いてみると商店街は閑散としており、
なんか広々と開放感があった。
(後で聞くと、前日の花火大会のために商店街の放置自転車などを
 根こそぎ撤去した後だったからだとか)

今回、ここ十三にあるシアターセブンにて、
顔画工房制作の「劇画家三部作」が上映されるというので
これは見ておかねばと、ネット予約をしたのだ。

P8094894.jpg


今日8月9日は、第1作目に当たる「劇画家殺し!」の上映。

上映会の前には、ゲストライブということで野崎ハウスさんの演奏。
アコーディオンと弦楽器の音が懐かしい雰囲気を奏で、
今回の映画の時代背景と重なり合っていく。

映像を見ながら撮影をされていた5年前のことを思い出す。

こちらの作品には監督のT山先生のご厚意により、
MとOでまんが道の足塚茂道役で出演もさせてもらった。

以前に見たバージョンからずいぶんと構成も変わっていて、
とても新鮮な気持ちで楽しく見ることができた。
ここまで仕上げるのに、大変な苦労があったんじゃないかなと思う。

次回の9月5日の上映会では、第2・第3作目を上映とのこと。
こちらもネット配信されていたシリーズもあるものの、
劇場用に再編集されていると思うので、また楽しみ。

瀬戸内タートルくらぶ @大ギンガ書房

大阪市住之江区にある安立商店街。
「あんりゅう」商店街と読むのだと、Mから教わった。

その商店街の中に、大ギンガ書房はあった。

DSCF0581.jpg

朝の8時半過ぎ、まだまだシャッターが目立つ商店街だが
仕入れを済ませた果物屋さんは、店先に彩りを並べ始めている。

店の奥では店主のIさんが事務仕事をしており、お仕事の傍ら
Mからの展示の相談に、あれこれと対応されていた。

DSCF0569.jpg

店内の少し高い位置には「まんが道」が鎮座。

DSCF0572.jpg

DSCF0580.jpg

展示がほぼ固まり、休憩するM。
帽子の「B」は「ふりすB」が由来。

DSCF0578.jpg

新作てびねりもラインナップ。

DSCF0577.jpg

7月の中旬まで展示を行っているとのことですので、
お近くにお越しの際は、ぜひ大ギンガ書房へお立ち寄りください。

「瀬戸内タートルくらぶ展 at 大ギンガ書房」 案内

アイスティー

朝の6時半過ぎ、自転車を走らせ喫茶マロンへ向かう。

ちょうど大ギンガ書房での展示会のため、来阪しているMから
メールを受けて、久々のモーニングを食べることになった。

6時56分。
マロンの入り口の看板には明かりがついており、
扉は大きく開かれていた。

どうやら朝一番乗り、お客さんがまだいない店内の奥には、
準備を始めるマスターとマダムの姿が見える。

中二階一番奥のボックスシートに深々と座り込む。
前回来たのは昨年の2月なので、ずいぶんのご無沙汰だ。

「おはようございます …あれ?」

おしぼりを持ってきたマダムが顔を見るなり綻んでくれた。

「ご無沙汰しています。」

「やんね~、ずいぶん久しぶりやね。
 あれぇ、髪型が変わったから。」

マダムの反応を見ると、マスターも「そうかなーとは思ったけどね」と、
厨房の奥から笑みをのぞかせてくれた。

「あの、もう少ししたら来ます。」

それだけ伝えると、マダムは何も言わずに笑顔でうなずき、
少しずつ入り始めたお客さんのところへ注文を取りに行った。

店内に淹れたての珈琲の香りが広がる。

7時8分。
夏の出で立ちでMが来店。
トーストセットのアイスティーを注文した。

甘さは控えめ。
あの頃の頭頂部にまでガツンと響くような甘さは
もう味わえないのかもしれないが、これがマロンの味。

お互いの近況を話しあい、「また来ます」とマスターに告げ、
喫茶マロンを後にした。

これから大ギンガ書房に移動し、搬入作業を手伝う。


 -続ー

PREV | TOP | NEXT